悪い歯医者に行ってはいけない

治療の説明を聞く

信頼できる歯医者は、最初に治療に関する説明を詳しくしてくれます。
ですから治療が怖い人でも、心を落ち着かせて臨めるでしょう。
いつまでも治療を怖いと思っていると、スムーズに進められなくなってしまいます。
さらに良い歯医者は、口内の症状についても教えてくれます。

自分の口内で何が起こっているのか、そして何が原因なのか、きちんと知ってください。
原因を知ると、今後は同じような症状を起こさないように対策ができます。
このような部分から良い歯医者と悪い歯医者を見極められるので、よく調べないまま、適当に選択してはいけません。
悪い歯医者に治療を任せるのは不安が大きいですし、治療中や終わった後にトラブルが起こるリスクがあります。

何でも相談してみよう

口内で気になることがあれば、治療の際に尋ねてください。
良い歯医者なら、こちらの質問に的確に答えてくれます。
また説明を聞いた時に抱いた疑問でも良いので、わからないことは何でも聞く意識を持ちましょう。
特に大きな病気の場合は説明が難しく、1回聞いただけでは理解できないかもしれません。

その場合は納得できるまで、説明を求めましょう。
悪い歯医者は、対応が悪い傾向が見られます。
さらに歯医者だけでなく、看護師や受付の対応も調べてください。
1人でも院内に対応が悪い人がいたら、その歯医者は不安です。
親切に対応してもらえるように、歯医者を見極めてください。
何でも気軽に相談できる、フレンドリーな医師がいる歯医者もおすすめです。


TOP