普段から予防しよう

予防歯科をしてくれる

良い歯医者では、予防歯科を行っています。
この時に歯の磨き方を教わることができるので、普段の歯磨きが合っているのか確かめてください。
歯磨きを毎日行っているのに定期的に虫歯になる人は、全体を綺麗に磨けていないことが原因です。
今から磨き方を変えれば、口内環境を綺麗にできるので正しい方法を実践しましょう。

さらに正しく歯を磨くためには、自分に合う歯ブラシや歯磨き粉を選択することが大事です。
スーパーやドラッグストアに行くと購入できますが、種類が多くて迷うでしょう。
これまでは安いことを条件に選んでいた人は改めて、歯ブラシは握りやすいことや毛先が柔らかいこと、歯磨き粉はフッ素が含まれることを条件に購入してください。

歯にこびりついた汚れ

汚れがこびりつくと、歯ブラシで落とすのが難しくなります。
それが虫歯菌の繁殖する原因になり、病気を発症するので、クリーニングを受けてください。
これも、歯医者で行える予防歯科です。
専用の機器を使って汚れを落とし、歯を綺麗にしていきます。
最後にフッ素を塗ってもらえば、口内環境の綺麗な状態を維持できるでしょう。

しかしフッ素を塗っても時間が経過すると、剥がれて効果を失ってしまいます。
ですから3か月に1回は歯医者に行き、フッ素を塗り直してもらってください。
そのぐらいの頻度で口内をチェックしてもらえば、病気になっていないかすぐにわかります。
仮に病気を発症していた場合でも、初期状態で治療できるので負担は少ないです。


TOP