周囲の歯に負担を与えない

歯医者の方針を調べよう

気になった歯医者があれば、どのような方針で治療を進めるのか調べてください。
良い歯医者は、なるべく歯を抜かないように治療を提案してくれます。
逆にあまり良くない歯医者はすぐに歯を抜くので、避けたほうが無難です。
歯を抜くと義歯を埋め込まなければいけないので、治療費が高くなり、治療期間も長引きます。
さらに抜いた時の衝撃で、周囲の歯にダメージを与えるかもしれません。

そうなると、歯の耐久性が低くなり、病気を発症しやすくなります。
健康な歯まで悪くなっては困るので、症状を深く確認せずに歯を抜く歯医者を利用してはいけません。
少しずつ患部を削って、治療してくれる歯医者に行きましょう。
この時に先端が細い治療器具を使う歯医者だと、痛みを軽減できます。

初期症状の時にできる方法

しかし削って治療する方法は、初期症状の時にしかできません。
悪化して奥まで穴が開いている虫歯は、それだけでは対処できず、最終的に歯を抜く結果になってしまいます。
優秀な歯医者でも、治療するタイミングが遅れるとこのような結果になると忘れないでください。
こうならないためにも、早く歯医者に行けるよう準備を整えましょう。

まず、近くの良い歯医者を探してください。
前もって探すことで、急に歯の痛みを感じた時でも冷静に相談しに行けます。
仕事が忙しい人は、夜遅くまで診察を受け付けている歯医者がおすすめですね。
そして時間を無駄にしないために、予約をしてから行きましょう。
特に人気が高い歯医者は、予約が必須と言われています。


TOP